名古屋場所はいよいよ佳境に

ノンカテゴリ

名古屋場所はいよいよ佳境に

出典 http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

上位力士がいない中で 連日 場所は盛り上がる

どうやら、御嶽海の強さは本物。

高安に物言いで負けた1番も、基本、相撲は勝っていた。

今場所はとにかく見違えるほど相撲の具合が良いのである。

ひらめきの速さも抜群であるし、とにかく攻めが速いことが強さの秘密だろうと感じる。

連日見ているが、負けない相撲の取り方を心得てきているのではないか。

過去の場所を振り返っても、ここまで充実してはいなかったはず。

優勝へ向かってまっしぐらである。

調子の悪い大関高安もそう簡単には崩れない。

遠藤はここへきて勝ち実に薄い。

とってみなければわからないのが相撲である。

いつも思うのだが、遠藤は良い時と悪い時の差がはっきりしているし、相撲を取る上で相手に合わせているのだろうか、いっぱいいっぱいのように見える。

豊山、朝の山この2人は3敗しているのだが、調子の良い力士らしく負ける相撲は取らない。

この2人もきっちりと優勝候補として残っている。

いずれは大相撲を背負って立つのだろうと思うことしきり。

優勝予想

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

やはり、御嶽海が一歩も2歩も優勝に近いと言える。

相撲の力強さが抜群で、およそ負けるような雰囲気がない。

危なげない相撲を取るのである。あたかも大関であるかのように。

この相撲を取る限り大きく崩れる事は無いのではないか。

これで大関戦も終わり、自分より上位の力士とは当たらない。

かなりの好成績が期待できると言うもの。

それ以外の3敗の力士たち。運がよければ優勝の可能性も否定はしないが、確率はかなり厳しいと言える。

今から千秋楽の日が楽しみである。

いつものキュレーションサイトで趣味の相撲の記事を作成

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ