名古屋場所 新しい景色

ノンカテゴリ

名古屋場所 新しい景色

出典 http://pbs.twimg.com

場所が盛り上がるためには

御嶽海と遠藤の調子良さ

大関は高安と豪栄道の2人。

万全の調子とは言えない2人。かろうじて相撲が取れていて星勘定もボチボチといったところ。

御嶽海と遠藤が非常に調子が良くて、また人気の度合いもピカイチと言える。

大関2人とこの調子の良い2人で場所が盛り上がっていくものと思う。

中日が終わった時点でおおよそ優勝候補を挙げることにはならない。

これから残りまだ7日間あるわけである。

日々、刻一刻と場所の状況は変わる。

今、全勝で快進撃を続けていても、10日目あたりでどうなるかはフタを開けてみなければわからない。

前頭13枚目にいる朝乃山がすこぶる調子が良い。

中日まで7勝1敗の好成績。

この先、10勝程度あげられることがあれば、三役より上の上好力士と当たることもあるかもしれない。

成績は認めるが、優勝候補にはちと厳しいかも。

前頭の下位力士が優勝できるほど相撲は甘くはない。

相撲でものを言うのは、まず稽古量、実力、運の良さ、そして経験である。

大抵の場合、運の良さで勝っている力士が多いと思う。

場所の予想

出典 http://www.kyounoryouri.jp

今場所は上位の番付力士が総崩れなので、果たしてどうなることかと思うが、ここは世代交代の時期と見て、今の前頭の上位から三役力士に至るまでにチャンスがあるとみて良い。

相撲で結果を残すには、何よりも運の良さが必要となる。

運が悪ければ、たとえ上位の力士といえども、怪我もすれば、負けが込んでカド番、引退と言う事態にもなりかねない。

本割の相撲はなかなか厳しいと言える。

場所の予想になるが、優勝は2大関と、御嶽海、遠藤の中から出るのではないか。

優勝ラインは12〜13勝とみる。

注目は後半の、10日目以降にポイントがあると思う。

この辺から星のつぶし合いが始まり、誰が勝ち残るかが分かってくるのである。

上位力士がいなくとも、相撲の楽しさはどうやら遜色なさそうだ。

いつものキュレーションサイトで記事としてまとめてみました。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ