貴景勝 心に秘めた武士道精神

ノンカテゴリ

貴景勝 心に秘めた武士道精神

貴景勝が大関を決めた大一番

貴景勝と栃ノ心は図らずも大関の地位が入れ替わりとなった。
方や大関昇進を決め、もう片方は千秋楽で負け越して大関陥落となったのである。
相撲は貴景勝の一方的な攻めだけが目立った。
栃ノ心は膝の状態があまりにも悪い。およそ相撲が取れるような状態ではないと言える。
それでも千秋楽まで勤めあげるその根性は大変なものがある。
来場所関脇として10勝以上の星を上げられれば、もう一度大関に復帰できるのである。
ただし過去の例から見てもこの大関陥落した関脇が次の場所で10勝以上あげて、大関に復帰した例は果たして何例あるだろうか。
相撲好きの私の記憶の中にも名前は浮かんでこない。
この厳しい対決を経て、貴景勝は大関昇進を確実なものにした。

横綱白鵬の底力を見せつける

3月場所も無事終わり、結果から見るとやはり横綱白鵬の強さが際立っていた。
ここ1番にかける集中力。場所中に入っていながら徐々に調子を上げていく調整力。
この横綱の強さはただ者ではない。
この場所は貴景勝の大関昇進の話題があって大いに盛り上がっていたにも関わらず、相撲の強さの話をするのであれば白鵬の右に出る力士はいないと言える。
決して体が大きいわけでもなく、最も小型の力士ではないが、相撲に向かったときのひらめきは、過去にも強い横綱は何人か記憶しているが、白鵬に匹敵するだけの横綱は果たしていただろうか。
とにかくずば抜けた安定感。
普通、上位の力士が負けない相撲を取ろうとすると、意外とせこい相撲を取ったりするのだが、こと白鵬に関して言えばそのような事は全くない。
この横綱は横綱として受けて立つ相撲をとりながらも、実際のところは厳しい攻めが信条である。
今場所は見ていて感じたのは、相手から攻められたときのその時の身のこなし。
ほとんど野生的ともいえるカンで土俵上を動き回り勝利をもぎ取っている。
もともとの白鵬の相撲にはこのような離れ業のような事は少なかったのだが、今場所は少し多かった気がする。
年齢や様々な衰えを考慮すると、全盛期の7割から8割程度の力だろうと推察。
それでいてこれだけの結果を残せるのだから、大横綱たる所以だろう。

異例の早さで大関昇進

大関昇進の伝達式での口上である。
武士道精神、思いやり、感謝の気持ち。この単語は日本人としてとても耳に心地よい。
貴景勝が様々な人たちの援助を得て、自分自身が何をしなければいけないのかを端的によく表していたと思った。
大関になれば当然のことながらその地位を維持するだけでも大きなストレスがかかることに。
しかし当の本人曰く、もう一つ上があるのだと。
大関の地位に甘んじることなく横綱を目指そうと言う心意気である。
彼の相撲振りを見ても、守る相撲は全く似合わないのである。
おそらくは今のまま体当たりの後押し相撲で攻め続ける相撲が1番似合っている。
もし気をつけるべきことがあるとすれば、それは怪我をしないことだろう。
怪我をすることは力士をいたずらに傷つけ、関取としての寿命を著しくそぐものと感じるものである。
どのようにクリアすべきかは、先輩たちが大勢いるので十分に教えをこいながら、ひたすら稽古を積むことだと感じる。
まだ22歳と驚くほどの若さである。
相撲取りとしての根性はインタビューを聞いていても実に頼もしく、精々しさを感じる。
相撲ファンの期待を一身に受けて口上通り精進してほしいのである。

まとめ

相撲ファンとしては場所が盛り上がることが何よりも楽しみである。
このように有名人とテレビに出ることも多くなるだろうが、本業をしっかりとがんばって欲しいのである。
見た限りこの若さにはおよそふさわしくない位の落ち着きである。
5月場所以降も大いに楽しみが増えたと言える。
大関を陥落した栃ノ心もきちんと怪我を治してまた土俵に復活してほしい。
1度は幕下まで落ちた身の上なので、復活することももう一度やる気になれば必ずできるものと期待するのである。
これからも大相撲ファンで居続けたいと強く感じているのである。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ